NJ13 (イリイリ)iriiri BORDER×FLARE SK LAYERED OP
(イリイリ)iriiri BORDER×FLARE SK LAYERED OP
(イリイリ)iriiri BORDER WHITE SHIRT DESIGN
(イリイリ)iriiri BI-COLOR SWEAT PARKER
(イリイリ)iriiri BASIC SWEAT SHORT PARKER
(イリイリ)iriiri DESIGN KNIT  PARKER
(イリイリ)iriiri IZMIR COTTON PILE CARDIGAN
(イリイリ)iriiri 2TONE KNIT
(イリイリ)iriiri BORDER SWEAT OP
(イリイリ)iriiri URAKE FRILL CUT&SEWN
(イリイリ)iriiri DESIGN FRILL SHIRT
(イリイリ)iriiri MIX RIB KNIT
(イリイリ)iriiri HOOD SHORT TRENCH COAT
(イリイリ)iriiri BORDER LACE BLOUSE
(イリイリ)iriiri SWEAT TIRED SK LAYERED OP
(イリイリ)iriiri SHAGGY KNIT MEMORY LAYERE OP
(イリイリ)iriiri CABLE KNIT LAYERED OP
(イリイリ)iriiri PEPLUM CUT&SEW
(イリイリ)iriiri CORDUROY EASY PT
(イリイリ)iriiri WASHED CUPRA DENIM SHIRT
(イリイリ)iriiri 2WAY STRETCH EASY PT
(イリイリ)iriiri CABLE KNIT SLEEVE OP
(イリイリ)iriiri SWEAT JACQUARD LAYERD OP


(イリイリ)iriiri BORDER WHITE SHIRT DESIGN

(イリイリ)iriiri BORDER×FLARE SK LAYERED OP 3 (イリイリ)iriiri BORDER WHITE SHIRT DESIGN 6 (イリイリ)iriiri BI-COLOR SWEAT PARKER 0 (イリイリ)iriiri BASIC SWEAT SHORT PARKER 3 (イリイリ)iriiri DESIGN KNIT PARKER 5 (イリイリ)iriiri IZMIR COTTON PILE CARDIGAN 2 (イリイリ)iriiri 2TONE KNIT 0 (イリイリ)iriiri BORDER SWEAT OP 4 (イリイリ)iriiri URAKE FRILL CUT&SEWN 7 (イリイリ)iriiri DESIGN FRILL SHIRT 8

(イリイリ)iriiri BI-COLOR SWEAT PARKER

(イリイリ)iriiri MIX RIB KNIT 2 (イリイリ)iriiri HOOD SHORT TRENCH COAT 7 (イリイリ)iriiri BORDER LACE BLOUSE 8 (イリイリ)iriiri SWEAT TIRED SK LAYERED OP 2 (イリイリ)iriiri SHAGGY KNIT MEMORY LAYERE OP 5 (イリイリ)iriiri CABLE KNIT LAYERED OP 6 (イリイリ)iriiri PEPLUM CUT&SEW 4 (イリイリ)iriiri CORDUROY EASY PT 0 (イリイリ)iriiri WASHED CUPRA DENIM SHIRT 0 (イリイリ)iriiri 2WAY STRETCH EASY PT 3 (イリイリ)iriiri CABLE KNIT SLEEVE OP 8 (イリイリ)iriiri SWEAT JACQUARD LAYERD OP 6


おれは泣かなかった。 兄にしては感心なやり方だ、何の六百円ぐらい貰わんでも困りはせんと思ったが、例に似ぬ淡泊な処置が気に入ったから、礼を云って貰っておいた。 飯を済ましてからにしようと思っていたが、癪に障ったから、中途で五円札を一枚出して、あとでこれを帳場へ持って行けと云ったら、下女は変な顔をしていた。 勘太郎が落ちるときに、おれの袷の片袖がもげて、急に手が自由になった。 清は十何年居たうちが人手に渡るのを大いに残念がったが、自分のものでないから、仕様がなかった。 随分気楽な宿直がいるものだ。 その年の四月におれはある私立の中学校を卒業する。 別段深い理由でもない。 もっとも少々面倒臭い。 浅井は百姓だから、百姓になるとあんな顔になるかと清に聞いてみたら、そうじゃありません、あの人はうらなりの唐茄子ばかり食べるから、蒼くふくれるんですと教えてくれた。 月給をみんな宿料に払っても追っつかないかもしれぬ。 兄は何とか会社の九州の支店に口があって行かなければならん。 向うは一度で済む。 こんな所に住んでご城下だなどと威張ってる人間は可哀想なものだと考えながらくると、いつしか山城屋の前に出た。